蛇口で起こる水のトラブル症状

水のトラブルが起こりやすい場所は蛇口です。水が直接出ている場所のため目視で確認しやすく、比較的早く気づけます。その蛇口で起こりやすい症状や、故障している場所の見分け方を紹介します。

■蛇口の仕組みとは

水道の蛇口と一言で言ってもいろいろなタイプがあります。一番分かりやすい造りはハンドルで操作するタイプです。これは蛇口のハンドルをひねることで中にある栓、ケレップが上に上がり水が出る仕組みになっています。この蛇口にはケレップの他にもパッキンやナット、バネなどがいくつも組み込まれている仕組みです。
レバーを上下に動かすことで水が出せ、左右に動かすことでお湯や水の切り替えができるタイプは、シングルレバータイプです。このタイプも基本的な作りは一緒ですが、ハンドル操作タイプよりも仕組みが複雑になっています。


■水のトラブル症状とは

蛇口を閉めても水滴が落ちて水が止まらない時はパッキンを取り換えましょう。長年使い続けたことでゴムがすり減ったり、年数が経過することで硬くなるため水を止められなくなっています。ハンドル部分から水が出るときもこのパッキンが原因かもしれません。パッキンの寿命は約10年程度だと言われていますので、この期間を経過している時はまず古くなって不具合が出ていることを疑いましょう。
少量の水が出続けている時は、パッキンだけではなく栓の役割をしているケレップが原因の可能性もあります。ケレップには2種類程度のサイズがあるため、自分で直す場合はサイズを確認する必要があります。


■まとめ
蛇口の仕組みだけでなく、水のトラブルが起こる原因を紹介しました。水漏れしているからといって蛇口自体の取り換えが必要なわけではなく、内部の部品を新しくすれば症状が改善されることもあります。それぞれの症状に合わせて原因を判断し、適切な処置を行うことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ