お湯を流すことで水のトラブルは起きるのか

お湯を排水管に流さない方がいいと聞いたことがある人も多くいるでしょう。そう聞くと、お風呂やキッチンで使用したお湯はどうすればいいのか、何度までなら流してもいいのかと疑問を抱き、お湯の処分に困る人もいます。どの程度の温度であれば大丈夫なのか、水のトラブルが起こる時はどんな時なのかについて紹介します。

■お湯で起こる水のトラブルとは

お湯の温度が原因で排水管に亀裂が入ったり、破損してしまうことがあります。排水管の素材は塩化ビニールでできているものが多いです。この塩化ビニールの耐熱は80度程度とされており、これ以上の温度のものを流すと損傷する可能性があります。この温度以下であれば流しても問題ありません。そのため、お風呂のお湯は40度前後なので流しても悪影響を与えることはありません。
キッチンやポットなどで使用するお湯は、沸騰しているものだと100度近くになっています。このまま流してしまうと故障の原因となりやすいため注意が必要です。お湯は流れている間にも温度が下がっていきますので、少量であれば排水管に至るまでに耐性温度になります。1リットルを超える量は流さないようにしましょう。

■お湯で解消できる水のトラブルとは

お湯は排水管にトラブルを起こすこともありますが、上手く使うことで水のトラブルを予防することが可能です。お風呂やキッチンは排水管が詰まりやすいですが、ぬるいお湯を流すことで汚れや油を浮かし、管内をきれいにする効果があります。洗剤の溶け残しもすっきりと溶かしてくれるため、使用後にしばらく流すと小まめに掃除をしなくても排水管が綺麗な状態を保てます。その際のお湯の温度は60度程度が適温となります。



■まとめ
熱すぎるお湯は排水管を損傷させてしまう危険がありますが、適温であれば排水管が壊れてしまうことはなく、綺麗な状態を保てるようにしてくれます。上手く使い分け、水のトラブルが起きないようにしましょう。大量の熱湯はできるだけ冷ましてから流すか、蛇口から水を流しながら一緒に流すようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ