お風呂の排水で起こる水のトラブルとは

お風呂で起こる水のトラブルに排水管 水漏れがあります。お風呂の排水管は家の床下部分につながっているため、蛇口や室内のように直接目で確認することが難しいです。そのため症状が軽いうちは気づくことが難しく、大量に水が溜まるなど悪化して初めて気づくケースが多くあります。お風呂で起こる水漏れの症状や原因について紹介します。

■お風呂で水のトラブルが起きているサイン

お風呂の排水管で水のトラブルが起きると、上手く水を流すことができずに床下に溜まります。お風呂の外側につながっている管などから水が出ていることを発見したら、排水管 水漏れを疑ってみましょう。
家の床下部分を除いてみると水が溜まっている場合があります。お風呂の真下から排水が出るため、水が溜まっている場所がどの位置にあたるのか調べながら確認するといいでしょう。床下収納庫や点検口が家のどこかにありますので、そちらから床下に入ることができます。床下の湿気が多く、カビなどの臭いがするようであれば水のトラブルが起きているかもしれません。

■お風呂の排水で水漏れが起こる原因

お風呂は他の部屋のように木ではなくタイルなどに樹脂を付けて接着しています。年数が経過することでその樹脂が劣化し剥げてしまうため、その部分から水が流れてしまいます。最初は少量でも時間が経過するごとに症状が悪化し、どんどん浸透していきます。
タイルや排水管は亀裂が入ると水のトラブルが起きやすいため、築年数が経過している家では注意が必要です。



■まとめ
お風呂の排水は知らない間に水漏れを起こしている可能性があります。タイルのつなぎ目からの水漏れは、初めはじわじわと漏れていきますので気づくことができず、何か異変を感じた時には大きなトラブルになっているケースが多いです。排水管から水漏れした場合は、建物に大きな被害を与えることがあります。シロアリが発生する原因にもなりますので、定期的に床下を除いて点検しておくと早期発見、早期解決できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ